ESP32-WROOM-32Eで動作確認したことをまとめています。

ESP32-WROOM-32Eの大きな特徴であるWiFi通信を使用してセンサー情報をスマホなどのWiFi端末で表示して動作確認を行ったことをまとめています。Arduino環境で各種ライブラリを使ってソフト開発を行っています。

組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32Eで加速度の変化をグラフ表示する

ESP32-WROOM-32EのWire(SPI)を使用すると加速度センサー(ADXL345)の加速度やタップ情報などを取得することができます。加速度情報を取得しながらイベント発生で加速度データを保管してグラフ表示する方法をまとめています。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32Eで加速度センサーの情報を取得する

ESP32-WROOM-32EのWire(SPI)を使用すると加速度センサー(ADXL345)の加速度やタップ情報などを取得することができます。ADXL345のライブラリを使用して加速度センサーの情報を取得する方法をまとめました。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EでPWM波形を出力する

ESP32シリーズにおいてPWMは通常のArduinoライブラリでなく専用のライブラリを使用する必要があります。PWMで振動波形を生成しブザーを鳴らす方法やPWMのデューティー比を変更して直流モーターを駆動する方法をまとめています。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32Eのホールセンサーとタッチセンサーの使い方

ESP32-WROOM-32Eは磁気に反応するホールセンサーと指で触れた時に反応するタッチセンサーが搭載されています。ESP32のライブラリに組み込まれているためAPIによる関数を呼び出すとセンサー値を取得することができます。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32Eにサーバーを実装してレスポンスする

ESP32-WROOM-32Eをサーバーで起動しアクセスポイントに接続させることでリクエストに応じたレスポンスを返信することができます。WiFiをサーバーで動作させる方法とWebServerを使ってレスポンスを行う方法をまとめています。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32Eで温湿度データをグラフで表示する

Webサーバーを実装しクライアントからのレスポンスデータにchart.jsライブラリを組み込むことでデータをグラフ表示することができます。温湿度センサであるSHT35-DISを使って取得したデータをグラフ表示する方法をまとめています。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32Eで学べるソフト開発と標準ライブラリの使い方

ESP32-WROOM-32EはArduino環境でソフト開発ができるため標準のライブラリで各種センサーの動作確認ができます。ソフト開発に対して苦手意識があり敷居が高く感じていた方でも簡単に動作確認ができるためお勧めのモジュールです。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32Eでシリアル通信を実装する

Arudinoの標準ライブラリであるSerialを使用すると外部機器とシリアル通信ができます。ESP32-WROOM-32Eは複数のシリアル通信ポートを持っているためシリアルモニタと外部機器と接続するシリアル通信を区別することができます。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EでWebServerを実装する

WebServerライブラリでWebサーバーを実装するとクライアント(スマホなど)のリクエストに対応したレスポンスを返信する事ができます。Webサーバーを使って温湿度センサー(SHT35-DIS)のデータを表示して動作確認しました。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EでWiFiのアクセスポイントを実装

ESP32の特徴であるWiFi通信をWiFiライブラリを使用しアクセスポイントを実装します。スマホなどのブラウザからESP32に接続して温湿度センサー(SHT35-DIS)から取得したデータを表示する方法をまとめています。
タイトルとURLをコピーしました