Seeeduino XIAO

Seeeduino XIAOはArduino環境でソフト開発ができるためArduinoライブラリを使用することができます。Seeeduino XIAOを使って各種センサーの動作確認したことをまとめています。

組み込みエンジニア

Seeeduino XIAOでFreeRTOSを実装する

FreeRTOSライブラリを使用するとマルチタスクの動作ができます。BME280から温湿度・気圧の情報を取得しLCDに表示するタスクと動作中であることを表示するLEDを点灯/消灯させるタスクを登録して動作確認を行いました。
組み込みエンジニア

Seeeduino XIAOを使ってBME280のデータをLCDに表示する

Seeeduino XIAOはArduino環境と互換性あるためSPIライブラリ及びWireライブラリが使用できます。SPIを使用してBME280から温湿度・気圧の情報を取得しI2C通信を使用してLCDに表示する方法をまとめました。
組み込みエンジニア

Seeeduino XIAOでRTCモジュールの情報を更新する

Arduino環境においてWireライブラリを使用してRTCモジュールに時刻の書き込みと読み込みができます。Seeeduino XIAOを使ってシリアルモニタから時刻設定の電文を送出し現在時刻を確認した方法についてまとめました。
組み込みエンジニア

Seeeduino XIAOで学べるソフト開発と標準ライブラリの使い方

Seeeduino XIAOはArduino環境でソフト開発ができるため標準搭載のライブラリを使用することで各種センサーの動作確認ができます。ソフト開発に対して苦手意識がある方でも簡単に動作確認ができるためお勧めのモジュールです。
組み込みエンジニア

Seeeduino XIAOでデジタル加速度センサーの情報を取得

Seeeduino XIAOのWire(SPI)を使用すると加速度センサー(ADXL345)の加速度やタップ情報などを取得することができます。ADXL345のライブラリを流用しながら加速度センサーの情報を取得する方法をまとめました。
組み込みエンジニア

Seeeduino XIAOのDIをマルチプレクサで拡張する

Seeeduino XIAOは機能が充実しておりモジュールとして使い勝手がよいのですがサイズが小さくDIOピンが少なくなります。マルチプレクサを使うことでDIの不足を補うことができます。マルチプレクサでDIを拡張する方法をまとめました。
組み込みエンジニア

Seeeduino XIAOのSerialライブラリの使い方

Seeeduino XIAOの標準ライブラリであるSerial1を使用すると外部機器とシリアル通信ができます。Serialはシリアルモニタ専用であるためArduino UNOできなかったシリアルモニタと外部機器へのシリアル通信を区別できます。
組み込みエンジニア

VSCodeを使ったArduinoのソフト開発環境作りの手順

Arduinoのソフト開発はArduino IDEを使用しますがVSCodeの拡張機能でArduinoを追加するとVSCodeでArduinoのソフト開発ができます。VSCodeにArduino機能を追加する手順をまとめています。
組み込みエンジニア

Seeeduino XIAOの標準ライブラリでブザーを鳴らす方法

Seeeduino XIAOに標準搭載されているライブラリを使用しパルス波形を生成することでブザーを鳴らすことができます。ブザーを鳴らす原理が分かっていればタイマ割り込みを使用することでブザーの音程を変えながら鳴らすことができます。
組み込みエンジニア

Seeeduino XIAOのSPIを使ってBME280のデータを取得

Seeeduino XIAOはArduino環境でソフト開発ができ、SPIライブラリが使用できます。BME280の製作メーカが提供しているAPIを使用して温度・気圧・湿度の計算を行いSPI通信でセンサー情報を取得する方法をまとめました。
タイトルとURLをコピーしました