TWELITE(トワイライト)でソフト開発を行い動作確認したことをまとめています。

ZigBee通信モジュールであるTWELITE(トワイライト)で動作確認した記事をまとめています。

組み込みエンジニア

TWELITE(トワイライト)の自作アプリとソーラーモジュールで無線通信

TWELITEの開発環境であるMWSTAGEでBME280から取得したデータを間欠動作しながら無線通信する自作のアクトを作りソーラーモジュールと組み合わせることで太陽光によるエナジーハーベスト電源によって無線通信を行いました。
組み込みエンジニア

TWELITE(トワイライト)のインタラクティブモードを実装する

TWELITEのインタラクティブモードはZigBee通信の特徴である複数グループで通信する場合に各モジュールに必要な周波数チャンネル、アプリケーションID、再送回数などの重要なパラメータを簡単に設定できるのが特徴です。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)でBME280のデータを取得する

トワイライトのWire(I2C通信)を使用することでBME280から温湿度・気圧のデータを取得することができます。MWSTAGEではセンサーデバイスライブラリであるBMx280クラスのメソッドをコールするだけでBME280のデータを取得できます。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)でSHT35のデータを取得する

トワイライトはWire(I2C通信)を使用することでSHT35から温湿度データを取得することができます。MWSTAGEではセンサーデバイスライブラリであるSHT3xクラスのメソッドをコールするだけでSHT35のデータを取得できます。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)のEEPROMを使い方

ZigBeeモジュールであるトワイライト(TWELITE)はEEPROMを搭載しているため電源が切れてもデータを保持できます。クラスオブジェクトであるEEPROMを使用することで簡単にEEPEOMの書き込みと読み込みができます。
組み込みエンジニア

Seeeduino XIAOのSerialライブラリの使い方

Seeeduino XIAOの標準ライブラリであるSerial1を使用すると外部機器とシリアル通信ができます。Serialはシリアルモニタ専用であるためArduino UNOできなかったシリアルモニタと外部機器へのシリアル通信を区別できます。
組み込みエンジニア

Arduinoとトワイライトを使って距離データをモニターする

Arduinoとトワイライトを使って超音波距離センサーUS-015から取得した距離のデータを表示するシステムを作ることができます。ArduinoとUS-015で一定間隔で距離データを計算しトワイライトで無線通信を使用してモニターします。
組み込みエンジニア

Arduinoとトワイライト(TWELITE)でセンサー情報を表示する

Arduinoとトワイライトを使ってBME280のセンサー情報をLCDに表示するシステムを作ることができます。各種モジュールの動作を確認しながら1つ1つの基礎技術を取得することで様々な応用範囲が広がり楽しさが倍増することは間違いありません。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)で親機を実装し子機から無線受信する

ZigBeeモジュールであるトワイライト(TWELITE)を使用し、各種センサーと組み合わせることでIoTへの応用が期待できます。トワイライトの子機からデータを無線受信する親機を実装しシリアルモニターに表示する方法についてまとめました。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)とArduino間でシリアル通信する

ZigBeeモジュールであるトワイライト(TWELITE)はシリアル通信機能があり、センサーのデータ値を表示させることができます。Arduino Unoとシリアル通信を行いArduinoのシリアルモニターに表示して確認しました。
タイトルとURLをコピーしました