TWELITE(トワイライト)でソフト開発を行い動作確認したことをまとめています。

組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)とArduino間でシリアル通信する

ZigBeeモジュールであるトワイライト(TWELITE)はシリアル通信機能があり、センサーのデータ値を表示させることができます。Arduino Unoとシリアル通信を行いArduinoのシリアルモニターに表示して確認しました。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)のPWMを使ってブザーを鳴らす

ZigBeeモジュールであるトワイライト(TWELITE)はタイマ機能を備えておりPWM波形を生成することができます。PWMでLEDの明るさなどを調整したりできます。PWMで振動波形を模擬することでブザーを鳴らして動作を確かめました。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)のソフト開発と無線通信でできること

ZigBeeモジュールであるトワイライト(TWELITE)はシリアル通信・タイマ(PWM)・I2C・SPI・AD変換など各種機能を備えておりセンサーと組み合わせながら無線通信ができるためIoTモジュールとして様々な用途に応用できます。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)のSPI通信を実装し無線通信する

ZigBeeモジュールであるトワイライト(TWELITE)はセンサーの情報を取得するためにSPI通信機能があります。温度・湿度・気圧の情報が取得できるBME280センサーからSPIを使用してデータを取得し無線通信してデータを確認しました。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)のI2C通信を実装し無線通信する

ZigBeeモジュールであるトワイライト(TWELITE)はセンサーの情報を取得するためにI2C通信機能があります。温度・湿度・気圧の情報が取得できるBME280センサーからI2Cを使用してデータを取得し無線通信してデータを確認しました。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)にAD変換と無線通信を実装する

ZigBeeモジュールであるトワイライト(TWELITE)のAD変換機能を使って温度センサーの出力データを取得し無線通信するアプリを作ります。温度センサーにMCP7800Aを使用して室温を計測してMONOSTICKでデータを表示します。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)のスリープとウェイクアップを実装する

ZigBeeモジュールであるトワイライト(TWELITE)はスリープを使用することで低消費電流で動作させることができるためエナジーハーベストによって生成した電源を使って動作させることができます。スリープを使って無線タグアプリを模擬しました。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)のソフト開発環境の作り方の手順

ZigBeeモジュールであるトワイライト(TWELITE)の開発環境としてMWSTAGEが提供されています。MWSTAGEはArduinoライブラリに近い開発環境であり初期設定などを簡素化しており自作のアプリ開発がしやすいのが特徴です。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)で夜間での通信にチャレンジ

エナジーハーベストによる電源生成はIoT社会に向けて必要になりえる技術です。トワイライトのソーラー管理モジュールを使って夜間の通信にチャレンジしてみました。実験した方法と検討したことについて記事にまとめました。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)と太陽光パネルによる通信実験

エナジーハーベストによる電源生成はIoT社会に向けて必要になりえる技術です。IoTモジュールを電池レスで起動するために、電源として太陽光パネルが有効である可能性についてトワイライトを使って確かめてみました。
タイトルとURLをコピーしました