2020-09

組み込みエンジニア

Arduinoで学べるマイコンのソフト開発と標準ライブラリの使い方

Arduinoは簡単にソフト開発ができるためマイコン開発の練習教材としても使用されます。ソフト開発に対して苦手意識があり敷居が高く感じていた方でも簡単に動作確認ができるため趣味や業務で簡単なアプリを作りたい場合にお勧めの開発環境です。
組み込みエンジニア

ArduinoのWireライブラリを使ってBME280のデータを取得する

Arduino環境ではI2C通信を行うために標準ライブラリとしてWireライブラリがあります。BME280の製作メーカが提供しているAPIを使用して温度・気圧・湿度の計算を行いI2C通信でセンサー情報を取得する方法をまとめました。
組み込みエンジニア

Arduinoとトワイライト(TWELITE)でセンサー情報を表示する

Arduinoとトワイライトを使ってBME280のセンサー情報をLCDに表示するシステムを作ることができます。各種モジュールの動作を確認しながら1つ1つの基礎技術を取得することで様々な応用範囲が広がり楽しさが倍増することは間違いありません。
組み込みエンジニア

ArduinoのSPIライブラリを使ってBME280のデータを取得する

Arduino環境ではSPI通信を行うために標準ライブラリとしてSPIライブラリがあります。BME280の製作メーカが提供しているAPIを使用して温度・気圧・湿度の計算を行いSPI通信でセンサー情報を取得する方法をまとめました。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)で親機を実装し子機から無線受信する

ZigBeeモジュールであるトワイライト(TWELITE)を使用し、各種センサーと組み合わせることでIoTへの応用が期待できます。トワイライトの子機からデータを無線受信する親機を実装しシリアルモニターに表示する方法についてまとめました。
組み込みエンジニア

マイコンのプルアップとプルダウンの意味と抵抗値の計算方法

マイコンの周辺回路を設計しているとプルアップとプルダウンを使うことが多くあります。プルアップやプルダウンを実装しないとマイコンのDIやロジックICのDIが誤検出して誤動作の原因になることがあります。抵抗値の決め方について一例をまとめました。
タイトルとURLをコピーしました