Arduino UNO

Arduino UNOを使って各種センサー使い方やライブラリの使い方などについて動作確認したことをまとめています。

組み込みエンジニア

ArduinoライブラリでCO2センサー電圧を取得する

Arduino環境ではアナログ電圧をAD変換する標準ライブラリが実装されています。CO2ガスセンサーであるMG812を使ってArduinoのアナログ電圧値からCO2濃度に換算する方法など動作確認したことについてまとめました。
組み込みエンジニア

ArduinoのライブラリでDHT20の情報を取得

DHT20はASAIR製の湿度と温度のセンサーを備えたモジュールです。通信方式はI2CなのでWireライブラリを使用することでデータを取得することができます。DHT20からデータを取得してLCDに表示して動作確認を行いました。
組み込みエンジニア

Arduinoのライブラリで土壌センサーの情報を取得

Arduino環境ではアナログ入力をAD変換する標準ライブラリが実装されています。土壌センサーの電圧出力をアナログピンに入力してAD変換値を読むことで土壌の水分量を確認することができます。
組み込みエンジニア

Arduinoのライブラリでサーボモーターを操作する

Arduino環境では標準ライブラリでサーボモーターを操作することができます。サーボモータはラジコンカーのステアリングやロボットによる弁の開閉部など様々な用途で使用されており0~180度の範囲で動作するものが多くあります。
組み込みエンジニア

ArduinoのライブラリでSDカードにデータを保存する

Arduino環境ではSDカードの標準ライブラリが実装されているため簡単にSDカードを操作してデータの読み書きができます。Arduino UNOの拡張基板であるSD CARD SHIELDを使ってSDカードを操作する方法をまとめました。
組み込みエンジニア

ArduinoのライブラリでGPSモジュールで時刻を取得する

GPSモジュールは現在地の情報や時刻情報などを衛星からの電波を受信してユーザーに通知するモジュールです。Arduino環境ではGPSモジュールのためのライブラリをインストールすることで時刻データや位置情報を簡単に取得できます。
組み込みエンジニア

Arduinoライブラリと音声合成ICで音声を再生する

音声合成ICであるATP3011(アクエスト)はシリアル通信で送信した文字列を音声データに変換して出力することができます。Arduino UNOのシリアル通信を使って任意の音声を出力させて動作確認したことをまとめています。
組み込みエンジニア

Arduinoと人感センサーを組み込みブザーで通知する

Arduinoと人感センサーを組み合わせることで人体を感知して通知するシステムを作ることができます。人感センサーが感知したときにLEDを点灯/消灯させると同時にブザーを鳴らす人感モジュールを製作して動作確認を行いました。
組み込みエンジニア

Arduinoでデジタル加速度センサーの情報を取得

ArduinoのWire(SPI)を使用すると加速度センサー(ADXL345)の加速度やタップ情報などを取得することができます。ADXL345のライブラリを流用して加速度センサーの情報をFIFO機能を使用して取得する方法をまとめました。
組み込みエンジニア

ArduinoのDIをマルチプレクサで拡張して状態変化を表示する

Arduinoは機能が充実しているためLCDや7セグメントLEDを使用しているとデジタルピンが不足することがあります。マルチプレクサを使うことでDIの不足を補うことができます。マルチプレクサでDIを拡張する方法をまとめました。
タイトルとURLをコピーしました