組み込みエンジニア

組み込みエンジニアとしての経験から電気に関する知識とソフト開発について作成した記事を分類するものです。

  • PICマイコン(PIC12F675及びPIC16F1827)を使用して動作確認した記事
  • Arduinoのライブラリを使って動作確認した記事
  • ZigBee無線モジュールトワイライト(TWELITE)について動作確認した記事
  • 技術士第一次試験の電気電子分野に関する解説記事
  • オペアンプなど電子部品についてまとめた記事

組み込みエンジニアとして経験してきたことについて記事にまとめています。

組み込みエンジニア

ArduinoのライブラリでRGB LEDを操作する

Arduino IDEでライブラリを追加することでRGB LEDを操作して点灯させることができます。RGB LEDを操作するライブラリの「Adafruit_NeoPixel」を追加してRGB LEDを操作する方法を説明しています。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)のDOでLCDを操作する

PIC16F1827のDOとdelay()関数を使用することで16文字×2のLCDに文字を表示することができます。LCDを制御する最小のピン構成でデータを書き込んで文字を表示する方法をまとめました。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)でRGB LEDの色を調整

PIC16F1827のDOとNOPを使用することでマイコン内蔵のRGB LEDの操作して色のパターンを生成して点灯させることができます。赤、緑、青の制御値をLCDで表示することで色のパターンを確認しながら点灯させました。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)でRGB LEDを操作する

PIC16F1827のDOとNOPを使用することでマイコン内蔵のRGB LEDの操作して色のパターンを生成して点灯させることができます。DO出力をNOPで遅延させながらタイミング波形を生成し点灯のパターンを切り替えて動作確認を行いました。
組み込みエンジニア

Seeed Studio XIAO nRF52840の開発環境を作る

Seeed Studio XIAO nRF52840はARMマイコンでありBLEを搭載しているためBlutooth通信ができるのが特徴です。またArduino環境に対応しているためArduinoライブラリを使ってソフト開発ができます。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)でCO2濃度を判定する

PIC16F1827はADC機能を持っておりセンサーの出力電圧をAD変換して取り込むことができます。CO2ガスセンサーであるMG812の出力電圧をAD変換してCO2濃度の状態変化を検出して動作確認を行いました。
組み込みエンジニア

ArduinoライブラリでCO2センサー電圧を取得する

Arduino環境ではアナログ電圧をAD変換する標準ライブラリが実装されています。CO2ガスセンサーであるMG812を使ってArduinoのアナログ電圧値からCO2濃度に換算する方法など動作確認したことについてまとめました。
組み込みエンジニア

ArduinoのライブラリでDHT20の情報を取得

DHT20はASAIR製の湿度と温度のセンサーを備えたモジュールです。通信方式はI2CなのでWireライブラリを使用することでデータを取得することができます。DHT20からデータを取得してLCDに表示して動作確認を行いました。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)でDHT20のデータを取得

PIC16F1827はI2C(MSSP)通信機能を持っており湿度&温度センサーであるDHT20モジュールから測定データを取得することができます。MCCによるI2C通信の実装例としてDHT20モジュールからデータを取得しLCDに表示しました。
組み込みエンジニア

Seeeduino XIAOのWireでDHT20の温湿度を取得

Seeeduino XIAOはArduinoと互換性があるためWireライブラリが使用できます。温湿度センサーであるDHT20モジュールから温湿度の情報を取得しシリアルモニターに表示して動作確認を行います。
タイトルとURLをコピーしました