PR

組み込みエンジニア

本記事はプロモーションが含まれています。

組み込みエンジニアとしての経験から電気に関する知識とソフト開発について作成した記事を分類するものです。

  • PICマイコン(PIC12F675及びPIC16F1827)を使用して動作確認した記事
  • Arduinoのライブラリを使って動作確認した記事
  • ZigBee無線モジュールトワイライト(TWELITE)について動作確認した記事
  • 技術士第一次試験の電気電子分野に関する解説記事
  • オペアンプなど電子部品についてまとめた記事

組み込みエンジニアとして経験してきたことについて記事にまとめています。

Arduino UNO

ArduinoのEthernetライブラリでLAN通信する

Arduino UNO専用のETHERNET SHIELDを実装するとEthernetライブラリを使用してLAN通信ができます。DHT20モジュールから取得した温湿度の情報をHTTPで応答するWebサーバーを実装して動作確認を行いました。
組み込みエンジニア

VB.net(VB2022)のTrackBarの実装とイベントの追加方法

Visual Basic 2022はMicroSoft社がVisual Studioで提供している開発環境です。Visual Basic2022のデスクトップアプリでトラックバー(TrackBar)の実装とイベントの追加方法をまとめました。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EのデータをWebソケットでクライアントに送信する

Webソケットを実装するとESP32-WROOM-32Eが取得したデータをクライアントのHTMLで使用することができます。ESP32-WROOM-32Eを起点としてクライアントにデータを送信して履歴を更新する方法をまとめました。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EにWebソケットを実装する

Webソケットを実装するとESP32-WROOM-32Eが取得したデータをクライアントのHTMLで使用することができます。温湿度データからJSON形式のデータを生成してWebソケットでHTMLに送信して履歴をグラフ表示する方法をまとめました。
組み込みエンジニア

TWELITE SPOTで子機のデータをブラウザーで表示する

TWELITE SPOTはTWELITEとESP32-WROOM-32Eを組み合わせた無線LANモジュールです。子機を出荷時のアプリと同様の設定に合わせることでWiFiを使ってブラウザーに子機から取得したデータを表示させることができます。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EとTWELITEの特徴を活かした無線通信

ESP32-WROOM-32EとTWELITEでWiFi通信とZigBee通信の特徴を活かした通信システムを作ることができます。ZigBee通信で子機と親機の通信を行い、WiFi通信で温湿度センサーの情報を表示する方法をまとめました。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EにSDカードのファイルをアップロードする

ESP32シリーズのFLASHにファイルをアップロードする方法として、SDカードライブラリとSPIFFSライブラリを使用する方法をまとめました。ESP32 Sketch Data Uploadプラグインの代替の方法として使用できます。
組み込みエンジニア

ArduinoでBMX055モジュールのデータを取得する

BMX055はBOSCH社製の9軸(加速度3軸、ジャイロ3軸、磁気3軸)を搭載したセンサーモジュールです。BMX055はI2Cに対応しているため、ArduinoのWireライブラリを使用することでセンサーの情報を取得することができます。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)でCMP割り込みを追加する

PIC16F1827はコンパレータ機能を持っており基準電圧に対して入力電圧が高いか低いかを判断した結果を出力することができます。MPLAB X IDEのプラグインであるMCCでCMP割り込みを実装して動作確認を行いました。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)でキャプチャーを使用する

PIC16F1827はキャプチャー機能を持っているため外部機器からの取得したパルス信号の周波数を測定することができます。MPLAB X IDEのプラグインであるMCCでCCP(Capture)を実装して動作確認を行いました。