組み込みエンジニア

組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EとSDカードで加速度の履歴を保存

ESP32-WROOM-32EのWire(SPI)を使用すると加速度センサー(ADXL345)のデータを取得することができます。加速度センサーのイベントを発生させイベント発生前後の様子をSDカードに履歴として保存する方法をまとめました。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)で土壌の状態を取得する

ZigBeeモジュールであるトワイライト(TWELITE)のAD変換を使って土壌センサーの出力電圧を取得することができます。土壌センサーのSEN0114から取得したデータを無線通信してMONOSTICKでデータを表示する方法をまとめました。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)でES920LRの設定と無線通信

PIC16F1827はシリアル通信機能(EUSART)を持っているため外部機器と通信を行うことができます。MCCを使用してEUSARTの設定を行いES920LRの初期設定する方法と電文を使って無線通信する方法をまとめました。
組み込みエンジニア

Seeeduino XIAOで土壌センサーの情報を取得

Arduino環境ではアナログ入力をAD変換する標準ライブラリが実装されています。Seeeduino XIAOを使って土壌センサーの出力電圧を計測し土壌の水分量の判定した結果をOLEDに表示して動作確認を行いました。
Arduino Uno

Arduinoのライブラリで土壌センサーの情報を取得

Arduino環境ではアナログ入力をAD変換する標準ライブラリが実装されています。土壌センサーの電圧出力をアナログピンに入力してAD変換値を読むことで土壌の水分量を確認することができます。
組み込みエンジニア

LoRaモジュールES920LRの設定と無線通信の確認

ES920LRはEASEL社製の特定小電力無線モジュールでありLoRa通信ができるのが特徴です。ES920LRの親機と子機の設定を行うことで簡単にLoRa通信を実現することができます。周辺回路を製作し無線通信を行う方法をまとめました。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32Eでサーボモーターを操作する

ESP32-WROOM-32Eはサーボモーターを操作する標準ライブラリが実装されていません。ESP32用のライブラリを追加しWiFi通信を使ってブラウザーからサーボモーターを操作して動作確認を行いました。
組み込みエンジニア

Seeeduino XIAOでサーボモーターを操作する

Seeeduino XIAOは標準ライブラリでサーボモーターを操作することができます。サーボモータはラジコンカーのステアリングやロボットによる弁の開閉部など様々な用途で使用されており0~180度の範囲で動作するものが多くあります。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)でサーボモーターを操作する

PIC16F1827のタイマ割り込みでサーボモーターが操作できます。サーボモーターはラジコンカーのステアリングに使用されており0~180度の範囲で動作するものが多くあります。MCCを使ってサーボモーターを操作する方法をまとめています。
組み込みエンジニア

Arduinoのライブラリでサーボモーターを操作する

Arduino環境では標準ライブラリでサーボモーターを操作することができます。サーボモータはラジコンカーのステアリングやロボットによる弁の開閉部など様々な用途で使用されており0~180度の範囲で動作するものが多くあります。
タイトルとURLをコピーしました