PIC16F1827

PIC16F1827を使って動作確認したことをまとめています。PICマイコンの開発支援ツールであるMCCプラグインをMPLAB X IDEに追加しています。MCCが生成した関数を使った開発の方法についてまとめています。

組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)のDOでLCDを操作する

PIC16F1827のDOとdelay()関数を使用することで16文字×2のLCDに文字を表示することができます。LCDを制御する最小のピン構成でデータを書き込んで文字を表示する方法をまとめました。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)でRGB LEDの色を調整

PIC16F1827のDOとNOPを使用することでマイコン内蔵のRGB LEDの操作して色のパターンを生成して点灯させることができます。赤、緑、青の制御値をLCDで表示することで色のパターンを確認しながら点灯させました。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)でRGB LEDを操作する

PIC16F1827のDOとNOPを使用することでマイコン内蔵のRGB LEDの操作して色のパターンを生成して点灯させることができます。DO出力をNOPで遅延させながらタイミング波形を生成し点灯のパターンを切り替えて動作確認を行いました。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)でCO2濃度を判定する

PIC16F1827はADC機能を持っておりセンサーの出力電圧をAD変換して取り込むことができます。CO2ガスセンサーであるMG812の出力電圧をAD変換してCO2濃度の状態変化を検出して動作確認を行いました。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)でDHT20のデータを取得

PIC16F1827はI2C(MSSP)通信機能を持っており湿度&温度センサーであるDHT20モジュールから測定データを取得することができます。MCCによるI2C通信の実装例としてDHT20モジュールからデータを取得しLCDに表示しました。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)でES920LRの設定と無線通信

PIC16F1827はシリアル通信機能(EUSART)を持っているため外部機器と通信を行うことができます。MCCを使用してEUSARTの設定を行いES920LRの初期設定する方法と電文を使って無線通信する方法をまとめました。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)でサーボモーターを操作する

PIC16F1827のタイマ割り込みでサーボモーターが操作できます。サーボモーターはラジコンカーのステアリングに使用されており0~180度の範囲で動作するものが多くあります。MCCを使ってサーボモーターを操作する方法をまとめています。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)のSPI通信で音声を再生する

PIC16F1827はSPI(MSSP)通信機能を持っており音声合成ICであるATP3011(アクエスト)にコマンドを送信することで音声を再生させることができます。MCCを使ってSPI通信を実装し音声を再生させて動作確認しました。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)のソースをプロテクトする

PICマイコンに書き込まれたソースコードは読み込むことができるため開発者以外の第3者でも読み込むことができます。PICマイコンのプロテクト機能を使うとプロジェクトファイルを持たない第3者からのソースコード抜き取りが防止できます。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)のリセット要因と使用例

PICマイコンなどソフト開発していると何らかの要因でマイコンがリセットし調査が必要になることがあります。リセット要因の特定の一例としてPIC16F1827のブラウンアウト・ソフトウェア及びWDTエラーによるリセットの動作確認を行いました。
タイトルとURLをコピーしました