PIC16F1827

組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)のI2C通信を実装する

PIC16F1827はI2C(MSSP)通信機能を持っておりLCD等の外部機器と通信することができます。MCCによるI2C通信の実装例とLCDを使用したストップウォッチのソフトを作り経過時間を表示して動作確認しました。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)で実現できる機能と解説リンクまとめ

PIC16F1827を使ってマイコンの基礎であるタイマ・シリアル通信・I2Cなどの使い方を学ぶことができます。PICマイコンの開発支援ツールであるMCCプラグインを使用してPIC16F1827の動作を確認しました。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)のシリアル通信の応用

PIC16F1827のシリアル通信機能(EUSART)を応用して外部機器から電文を送信しPIC16F1827を操作し電文でレスポンスさせて動作確認を行いました。電文を使ったシリアル通信の送信と受信の考え方についてまとめました。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)のシリアル通信を実装する

PIC16F1827はシリアル通信機能(EUSART)を持っているため外部機器と通信を行うことができます。MCCを使用してEUSARTの設定を行いArudino UNOとシリアル通信を行いシリアルモニタで動作確認を行いました。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)のDIのチャタリング防止

マイコンにおいて外部機器の状態をDIに取り込んで判定させることがあります。スイッチやリレーなどで遮断容量が大きいほど瞬時に信号が切り替わらず信号が安定しない期間(チャタリング)があります。ソフトで対策を行う方法をまとめました。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)でタイマーを管理する方法

PICマイコンにはタイマー機能があり8ビットタイマーとしてTMR0があります。TMR0の初期値を調整することでベースタイマを生成しオーバーフローした回数を管理することでソフトウェアタイマを作ることができます。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)のTMR1割り込みの設定

マイコンのソフト開発では割り込みを多く使用します。PIC16F1827において割り込みを使用すると発生時に関数がコールされますが割り込み要因を判別して処理する必要があります。TMR1のオーバーフローを割り込みを使って動作確認します。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)のタイマー1の使い方

PICマイコンにはタイマー機能があり16ビットタイマとしてTMR1があります。TMR1の初期値を調整することで任意のタイミングでオーバーフローするタイマを作ることができます。MCCを使用してTMR1を実装する方法をまとめています。
組み込みエンジニア

MPLAB Code Configurator(MCC)の追加と使い方

PICマイコンの開発環境であるMPLAB X IDEをインストールした際に追加したいプラグインとしてMPLAB Code Configurator(以下MCC)があります。本プラグインの追加方法と使い方の例をまとめています。
組み込みエンジニア

MPLAB X IDEによるPICマイコンの開発環境作りの手順

組み込みエンジニアとしてソフト開発を行うに使いやすいマイコンとしてPICマイコンがあります。初心者でも気軽に使えてソフト開発の基礎を学ぶには最適なマイコンとしてPIC12F675があります。PICマイコンの開発環境の作り方をまとめました。
タイトルとURLをコピーしました