ESP32-WROOM-32E

ESP32-WROOM-32Eの大きな特徴であるWiFi通信を使用してセンサー情報をスマホなどのWiFi端末で表示して動作確認を行ったことをまとめています。Arduino環境で各種ライブラリを使ってソフト開発を行っています。

組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EのBlutoothSerialでモジュール間通信

ESP32-WROOM-32EはWiFi通信とBluetooth通信ができるのが特徴です。親機と子機に分けたESP-WROOM-32EにBluetoothSerialライブラリを実装し子機のセンサー情報を親機に通信して動作確認を行いました。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EでBluetoothSerialを実装する

ESP32-WROOM-32EはWiFi通信とBluetooth通信ができるのが特徴です。Blutooth通信を手軽に行うことができるBluetoothSerialライブラリを実装してセンサー情報を無線通信して動作確認を行いました。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32Eでアクセスポイントとサーバを実装する

ESP32-WROOM-32Eはアクセスポイントの設定とサーバーの設定の2つを行うことで双方の機能を実装して使用することができます。ブラウザからアクセスポイントで接続してサーバーのIPを設定してサーバーを使用する例をまとめました。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32Eで履歴データをダウンロードする

Webサーバーを実装することでクライアントからに対してダウンロード要求のレスポンスを返すことができます。SDカードに保管した温湿度センサーの履歴をブラウザー上に表示したダウンロードリンクを使って履歴データを取得する方法をまとめています。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EとSDカードで加速度の履歴を保存

ESP32-WROOM-32EのWire(SPI)を使用すると加速度センサー(ADXL345)のデータを取得することができます。加速度センサーのイベントを発生させイベント発生前後の様子をSDカードに履歴として保存する方法をまとめました。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32Eでサーボモーターを操作する

ESP32-WROOM-32Eはサーボモーターを操作する標準ライブラリが実装されていません。ESP32用のライブラリを追加しWiFi通信を使ってブラウザーからサーボモーターを操作して動作確認を行いました。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32Eのシリアル通信で音声を再生する

音声合成ICであるATP3012(アクエスト)はシリアル通信で送信した文字列を音声データに変換して出力することができます。ESP32-WROOM-32Eをサーバーで動作させブラウザーのレスポンスによって任意の音声を出力させて動作確認しました。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32Eを使用してRTCの時間を設定する

ESP32-WROOM-32EのWiFi通信でブラウザーから時刻を送信しRTCモジュールに時刻を設定することができます。NTPサーバーにアクセスする方法など時刻管理の方法は様々ですが、外部の回線に接続しない場合に有効な方法です。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EのFLASH(SPIFFS)の応用例

ESP32シリーズのSPIFFSライブラリを使用するとSDカードのようにFLASHにアクセスしてデータの読み書きができます。ブラウザーからアクセスポイントの設定に関わる設定値を変更しFLASHに保存して動作させる方法をまとめました。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EのFLASH(SPIFFS)を使用する方法

ESP32シリーズはFLASHを搭載しており基本的にはプログラム用に使用しますが一部をデータ用で使用することができます。SPIFFSライブラリを使用するとSDカードのようにFLASHにアクセスしてデータの読み書きができます。
タイトルとURLをコピーしました