Arduino UNO

Arduino Uno

VSCodeを使ったArduinoのソフト開発環境作りの手順

Arduinoのソフト開発はArduino IDEを使用しますがVSCodeの拡張機能でArduinoを追加するとVSCodeでArduinoのソフト開発ができます。VSCodeにArduino機能を追加する手順をまとめています。
組み込みエンジニア

Arduinoの標準ライブラリでブザーを鳴らす方法

Arduinoに標準搭載されているライブラリを使用してPWM波形を生成することでブザーを鳴らすことができます。電子ブザーをPWMのデューティ比を変更しながらブザーを鳴らす方法と音程の変化についてまとめています。
組み込みエンジニア

Arduinoとトワイライトを使って距離データをモニターする

Arduinoとトワイライトを使って超音波距離センサーUS-015から取得した距離のデータを表示するシステムを作ることができます。ArduinoとUS-015で一定間隔で距離データを計算しトワイライトで無線通信を使用してモニターします。
組み込みエンジニア

Arduinoと超音波距離センサーUS-015で距離を測定

Arduinoのと超音波距離センサーを組み合わせことで非接触で距離が測定できます。ArduinoのDOでパルス生成することで超音波距離センサーから音波を出力し対象物からの反射波をDIで受けることで対象物までの距離を測定することができます。
組み込みエンジニア

ArduinoとGPS/RTCを組み合わせてGPS時計を作る

ArduinoのWireライブラリとシリアル通信を使ってGPSモジュールとRTCモジュールの双方から時刻データを取得することができます。双方のモジュールの利点と欠点を補完しあうように組み合わせることでGPS時計を構成することができます。
組み込みエンジニア

ArduinoとGPSモジュールで時刻を取得してLCDに表示する

GPSモジュールは現在地の情報や時刻情報などを衛星からの電波を受信してユーザーに通知するモジュールです。GPSモジュールのデータはシリアル通信を使って得られますが、1ppsと組み合わせることで測位後のデータと判断してデータを得られます。
組み込みエンジニア

ArduinoでRTCモジュールの情報をLCDを使って更新する

Arduino環境においてWireライブラリを使用してRTCモジュールに時刻の書き込みと読み込みができます。LCDとボタン(DI)を使って任意のデータをRTCモジュールに書き込みを行ってLCDに現在時刻を表示するようにします。
組み込みエンジニア

ArduinoでRTCを使用してファイル管理とAPIの実装する

Arduino環境においてWireライブラリを使用してRTCモジュールから書き込んだ時刻からの時間を取得しています。RTCモジュール専用のcppファイルとヘッダーファイルを作成しArduinoプロジェクトに組み込んで実装しました。
組み込みエンジニア

Arduinoで学べるマイコンのソフト開発と標準ライブラリの使い方

Arduinoは簡単にソフト開発ができるためマイコン開発の練習教材としても使用されます。ソフト開発に対して苦手意識があり敷居が高く感じていた方でも簡単に動作確認ができるため趣味や業務で簡単なアプリを作りたい場合にお勧めの開発環境です。
組み込みエンジニア

ArduinoのWireライブラリを使ってBME280のデータを取得する

Arduino環境ではI2C通信を行うために標準ライブラリとしてWireライブラリがあります。BME280の製作メーカが提供しているAPIを使用して温度・気圧・湿度の計算を行いI2C通信でセンサー情報を取得する方法をまとめました。
タイトルとURLをコピーしました