Duolingoアプリをドリルを解くように繰り返した効果と評価

ノウハウ(体験談)

こんにちは、ENGかぴです。

Duolingoアプリは英語に苦手意識があり学生時代悲惨な成績をとってきた私でも苦痛に感じないほどゲーム感覚で英語の勉強ができ基本無料だという点が魅力的です。英語をドリルを解くように繰り返した体験談(継続中)をまとめています。少しずつではありますが、効果が出てきていることを実感しています。

Duolingoアプリは対象言語は英語以外にもありますが、英語を対象にしています。定期的にアップデートされているため画像が古い場合があります。

Duolongoアプリは英文法を学ぶのに特化したものであると感じています。リスニングやスピーキング練習をもっとやってみたい方は私も継続学習しているCakeアプリを参考にしてみてください。

英語学習アプリCakeで英語を繰り返し発音しつづけた効果と評価

Duolingoを継続した効果と評価

私はスマホアプリのDuolingoを使用しています。他の方もレビューしているのですが、英語の勉強から逃げ続けてきた立場での観点でレビューできたらと思います。

最初の頃は楽勝で身につかないと思っていましたが、チェックポイントが2段階になりレッスンが増えるにしたがって簡単に進まなくなってしまいました。

英語学習に長けた方からすると物足りないとレビューされていることもありますが、私のように英語にかなり苦手意識があり避けてきた人からすると英語学習の掴みとしては十分に有効なアプリであると思います。

反復練習によって少しずつではありますが、確実に英文法とボギャブラリが増えているなと感じながら進められることはモチベーションの維持にもつながっています。

同じ例題が出題の形を変えて繰り返しされることから計算ドリルを解くように反復練習になるので学習の効果は高い思っています。

継続するために実践していることは5つあります。

  1. ゲーム感覚を忘れないようにする
  2. 継続記録が途絶えないようにする
  3. HP回復にジェムを使わない
  4. 最低10分以上レッスンをする
  5. 同じレッスンを可能な限り繰り返さない

毎日の継続記録が切れないようにレッスンをするだけでも効果があると思っています。勉強する習慣をつけるためには日々の積み重ねが大切であることは経験的にわかっていますし継続記録の数値が増えていくだけでも達成感を感じることができます。

毎日続けて600日経過

600日継続

Duolingoアプリを始めて連続記録が600日以上になりました。毎日100XP以上を稼ぐことを目標として続けてきました。

最近はレジェンドレベルを中心にレッスンを行っています。

レジェンドレベルのライティング問題に苦労することなく回答できているため確実に英語力がアップしていると感じています。単語を並び替えて英作文するよりもライティングしたほうが記憶に残りやすいと感じました。

1年間続けた結果

1年間続けた結果

Duolingoアプリによる学習を始めてから1年が経過しました。メインキャラクターのDuo(フクロウのコーチ)がバルーンをもって祝福してくれました。

現在は復習しながらXPを貯めています。復習すると忘れかけていた単語や英文法の復習ができて学習の効果を再確認することができ復習の大切さを痛感しています。

ダイヤモンドリーグから降格しないように毎日100XP以上を稼ぎながらレベル5のレッスンまでのすべての項目の学習が終了しました。

英単語の並び替えよりもライティングを可能な限り練習するようにしていますが、aやtheを付け忘れたりして間違うケースが多くあります。リスニングで聞き取った英文法をライティングする練習が難しく感じています。

2か月前に追加されたイベントによるリスニングレッスンの難易度はそこまで高くなくリスニング力の向上には効果があるかは疑問ですが、ショートストーリが楽しめる点で悪くないと感じています。

1年間継続してきましたが、英単語のボギャブラリーが増えたことや簡単な英文法が思い浮かぶようになったことは大きな効果だと感じています。

リスニング能力を高めるためには物足りない気がしますが、英語に苦手意識があり逃げ続けていた自分がアプリを楽しみながら基礎単語と簡単な英文法を継続して勉強できていることが一番の成果だと感じています。

10か月間続けた結果

最終カテゴリに到達しダイヤモンドリーグを維持しながら継続しています。学習レベルも各項目でレベル4に到達しています。

あと1か月もしないうちにすべてのレベルが5に到達できそうです。

ダイヤモンドリーグから降格しないように毎日100XPを獲得することを目標としながら学習しています。今までクリアしてきた項目について復習せず前回の学習から間隔があくと皿が割れたような表示になるので発見したとき復習しています。

忘れそうなときに復習できるのは学習効率を考えた時良い点だと感じています。実際に間違えて答えを見た時「あ、そうだった!」感じることができ思い出せた時にスッキリした感覚になります。

8か月経過時の課題でもあったaとかtheを付け忘れたリスクことは良くあります。またtheとthatが聞き取れておらず間違うこともまだあるため感覚的につかめていない部分もあります。

連続記録が300になったときDuolingoストーリのモードがアンロックされました。偶々アンロックが300日目で来たのでアンロックの条件かと思いましたが、イベント学習機能が追加されたということのようです。普通の学習モードと並行して毎日1項目やってみようと思います。

8か月間続けた結果

8か月間続けた結果

チェックポイント4の学習はすべて終了し、最終カテゴリの学習しています。

最終カテゴリの学習レベルがすべて5になると全項目の達成となります。

最高位リーグのダイヤモンドリーグを維持しながら降格しないように毎日100XP以上を稼ぎながら学習しています。最近スピーキングの練習を復活(いつの間にか設定でOFFにしていた)させているためスピーク練習もやっています。

スピーク練習のマイクが改善されたようです。録音時間が長くなり音声が認識できていない場合マイクを押さずスピーカーのボタンを押してリスニング画面に切り替えると録音のやり直しができるようになっています。

リスニングして英作文したり日本語を英訳したりとライティングを繰り返していることによってボギャブラリーが増えていることを実感しています。日本語を見た時英訳のイメージが出てくるようになりました。

間違えるケースとして多いのがaとtheを付け忘れたりすることです。このあたりが感覚的にわかるようになればもう少し上達しそうです。

アップデートによりリスニング問題の読み手が変わり聞き取りにくくなることがあります。

今まで聞き取れていたのが聞き取りにくくなるように感じることもあります。いろいろな人の英語が聞けると思えばいい練習になるとも言えますが、あまりに相性が悪いと学習意欲が落ちてしまいそうです・・。

6か月間続けた結果

6か月間続けた結果

継続して続けながら6か月が過ぎました。チェックポイント2の学習はすべて終了し、チェックポイント3を学習しています。

しばらくパールリーグで止まっていましたが、頑張ってみようと毎日200XP稼ぎ続けて黒曜石リーグに進むことができました。そのままの勢いで続けたところ最高位のイヤモンドリーグに進むことができました。

チェックポイント3の学習をしていると間違うことが多くなり1レッスンでHPを2~3減らしてしまうこともあり復習してHPを回復してレッスンに戻ることが多くなりました。

学習の効果は継続していることによりボギャブラリーが増えているため感じています。単語の過去形について繰り返してレッスンしたことでリスニングの際に意味が分からなくなることが少しずつ少なくなっていることを感じています。

例えばwriteの過去形はwroteですがwroteが聞き取れないもしくwriteの過去形であることが分かるようになったためリスニングの際に意味が分からなくなることが少なくなっています。

残念な点としては過去完了形の日本語訳が「クドイ!」のです。日本語の並び替えで意味が伝わるのに間違いとされるケースが多くイライラすることもあります。

DMM英会話-無料体験レッスンはこちら

4か月間続けた結果

チェックポイント3に到達して間もない状態です。チェックポイント2の練習もすべての項目終わっているわけではないので継続してやっています。

スピーキングの機能はプロフィールから歯車をクリックして表示される項目でアクセシビリティにスピーク問題をONにしていないと出題しないようです。(自分でOFFしてしまっていたのかもしれませんが覚えていません・・)

形容詞、副詞、限定詞などで間違えるケースが多くスムーズに進まなくなってきました。それでも繰り返しているとボギャブラリーが増えてきているのを感じています。

最近ではXPポイントを稼いでいるものの昇格ゾーンに達することができずパールリーグで止まってしまっています。継続記録が途切れないようにしながら降格しないようにやっていこうと思います。

2か月間続けた結果

最初の方がかなり簡単で効果があるのか疑問でした。チェックポイント2になってからは間違うことも多くなってしまいスムーズに進まなくなってきました。それでも繰り返してやっているとボギャブラリーが増えてきているのを感じています。

マイクで録音する練習もあったのですが、なんとなく感度が悪く3回リトライして認識されなければHPが減ってしまうのは残念です。

Duolingoアプリの紹介

Duolingoはスマホアプリ版とインターネット版があります。やってみようと思ったきっかけは、「Duolingoでの学習の34時間は、4年制大学言語教育の1学期分に匹敵します。」というフレーズです。遊び感覚で初めてどこまで上達するかという好奇心もありました。

基本的には無料でゲーム感覚で勉強できるのも魅力的だと感じています。

アカウントを作っておこう

アプリをインストールすると学習に進めますが、最初にアカウントを作成することがおすすめされます。最初の頃は様子でアカウントを作成していませんでしたがゲーム感覚で学べるため続けられそうだと思いアカウントを作成しました。

アカウントを作成作成はニックネームとメールアドレスとパスワードを設定するだけで完了します。

アカウントを作成しておくと学習状況を保存できたりと便利なことが多いです。学習の状況などメールで確認することもできますので学習を続けていくモチベーションにもつながります。

アカウントの作成
アカウントの作成
メールの通知
メールの通知

アカウントの作成でユーザー名は初期でアプリ側が準備しているユーザー名から変更する必要はありません。アカウントの作成したのが6か月前なので記憶が少し曖昧ですがユーザー名に覚えのない英数字が記載せれていたためアプリ側が準備した初期値であると判断しています。

ゲーム感覚で勉強できる

Duolingoアプリの魅力はゲーム感覚で英語の勉強ができることです。英語がかなり苦手人からするとボギャブラリーがかなり不足しています。更に基礎となる最低限の文法も分かっていません。

ゲーム感覚で文章を並び替えて文章を作ったり簡単な英作文をしたりしてコツをつかむことができることは苦手意識の高い人にとっては必要なことだと感じています。レッスンを開始するとロード画面になに遷移し学習のアドバイスやDuolingoに関する説明がランダムで表示されます。

ロード画面
ロード画面
レッスン選択
レッスンの選択

最初はレッスンのレベルが1からスタートしますが、繰り返しレッスンをクリアするとレベルが上がっていきます。レベルが上がっても問題の難易度の上昇は緩やかなため難しく感じることなくドリルを繰り返す感覚で勉強を進めることができます。

 レジェンドレベルの追加
レジェンドレベルの追加
 レジェンドレベルをアンロック
レジェンドレベルをアンロック

2021年7月末にアップデートでレジェンドレベルが追加実装されました。レジェンドレベルに挑戦するために100ジェムを使ってアンロックする必要があります。レッスン項目によってレジェンドレベルのレッスン数は異なります。

レジェンドレベルは合計3回間違えるとレッスン失敗となりリトライするためには100ジェムが必要なのでジェムの消費を押さえながら挑戦する場合は慎重さが求められます。(Plusの場合はジェムを気にせずに挑戦できます。)

レジェンドレベルはライティングと日本語の並び替えが出題されます。通常の練習のように並び替えでの英作文ではないので難易度が高めです。

翻訳と訳の並び替え

英語の並び替え
英語の並び替え
日本語の並び替え
日本語の並び替え

英単語を並び替えて英文を作るパターンと英文から日本語を並び替えて訳を作るレッスンです。日本語や英文にはアンダーライン(点線)が引いてあり単語が分からなかった場合はタッチすると意味が表示されるのでヒントを見ながら並び替えることができます。

日本語の並び替えは判定が少し厳しい場合があるので、「が、に、の」がなくても伝わるような文章でも間違い判定となることがあります。

英単語並び替えは左下のキーボードのマークを押すことでライティングのレッスンに切り替えることができます。ライティングは少し難しくなるので何度か繰り返して慣れてきた場合に切り替えることをお勧めします。レジェンドレベルをクリアするための練習には最適です。

絵から選択・単語をライティング

絵から単語を選ぶレッスン
絵から単語を選ぶレッスン
単語のレッスン
単語のレッスン

レッスンのレベルが低いうちは、絵から英語を選ぶ問題が出ます。これによって視覚的に基礎となる単語を覚えることができます。選択肢をタッチすると英語で単語が流れるため発音を聞きながら選択することもできます。

単語のライティングの問題もあります。日本語から英単語を書き込む必要があるため単語が覚えられているかを確認することができます。意味は分かっているのものの単語が書けないことが多いので勉強になります。

リスニングとライティング

リスニング(並び替え)
リスニング(並び替え)
リスニング(ライティング)
リスニング(ライティング)

リスニングには聞こえた通りに並び替える問題とライティングする問題があります。音声再生は聞き取れなかった場合はゆっくり再生できる機能がついている(右側のカメのようなアイコン)のでリスニングの練習になります。普通の速度とゆっくり再生を繰り返すことで違いが分かるようになり聞き取れるようになります。

ゆっくり話す機能は単語ごとでなく、英文をゆっくり読む(例えば0.75倍の速度)などになればもっと学習効率が上がりそうです。(アップデートを期待)

リスニング問題については発音者がランダムに変わるようになりました。同じ英文法でも発音者が変わると違って聞こえることもあるので良い勉強になります。

ライティングについては誤記があっても正解とみなしてくれることもありますが、間違いと判定される場合もあり基準があいまいな気がします。

マイクを使ったスピーク

スピークの練習

マイクを使ったスピークレッスン機能があります。スピーカのマークを押して発音を確認して「タップして話す」を選択すると録音がスタートします。

発音がうまくいくと緑で表示されますがうまくできていない場合は赤文字になります。赤文字が多くなるとやり直しになります。

クリアの基準は明確には分かりませんが一部が赤文字でも全体的に発音できていると正解となり次に進むことができます。

3回失敗すると後でもう一度チャレンジすることになりますがハートが減ってしまいます。

スピークで発音が一番面白いと感じていますが何度も失敗しているとハートが減ってしまうためストレスがたまることがあります。スピークレッスンはパスすることができますがあなたの発音が判定されるためチャレンジすることをお勧めします。

Duolingoストーリ

ストーリ選択画面
ストーリ選択画面
ストーリ画面
ストーリ画面

Duolingoストーリがアップデートによって追加されました。ストーリはアップデートで追加されることがあります。一度でもクリアすると該当のストーリが黄色で塗りつぶされます。2021年7月末ではセット23までストーリが実装されています。

Duolingoストーリは下の本のマークをクリックするとストーリが選択できます。ミニストーリになっているので会話形式でリスニングします。一人が話すと「次へ」を押して次の人が話すような形式でストーリが進んでいきます。

途中で単語の意味を問う問題やストーリの流れから正解を選択する問題があります。日本語と対応する英単語のペアを選択する問題もあります。

全ストーリをクリアしましたが問題の難易度は簡単でそこまで学習効果が高いようには感じませんでしたが、ミニストーリの意味を考えながらリスニングするのは楽しめました。ストーリの追加が楽しみです。

チャレンジ

チャレンジ画面
チャレンジ画面
バッジを獲得
バッジを獲得

2021年8月初旬にチャレンジがアップデートによって実装されました。8月の目標として1000XPを稼ぐとオスカーのプレゼンのようにイベントに連動してバッジが獲得できます。

1000XPはリーグ戦で降格しないように毎日やっていれば楽勝でクリアできるためもう少しクリアの設定を高くしても良いと感じました。

コレクションとしてバッジが獲得できたためコンプリートしたいという収集本能によって学習意欲が高まりそうで今後のアップデートが楽しみです。

XP増強のイベント

2021年中旬のアップデートでXP増強のイベントとして4日間は電撃ラウンドでボーナスXPをゲットするイベント週末にXP増強チャレンジが開催されています。毎週イベントが交互に開催されています。

電撃ラウンド開始
電撃ラウンド開始
XP増強チャレンジ開始
XP増強チャレンジ開始

電撃ラウンドとXP増強チャレンジはどちらも制限時間1:45で1レッスンをクリアするチャレンジです。制限時間があるためゲーム性が高くなっています。

ランダムに各項目のレッスンが出題されるため難しいレッスンが出題されるとクリアが厳しくなる傾向があります。チャレンジするためにはジェムを10消費する必要があります。制限時間を拡張するためのジェムを消費することもできます。

日本語の並び替え問題やリスニングしてライティングする問題が出題されると時間ロスになりやすい傾向があります。ライティング問題に関しては制限時間に猶予を設けてほしいと感じています。

HPとリーグ戦

HPの回復
HPの回復
リーグでのランキング
リーグでのランキング

HPは初期の状態で5ですがレッスン中に間違うと1ずつ減っていきます。数時間後にHPが1回復するようになっています。ガッツリ勉強したい方は無限にしてもよいと思いますが、私の場合はゲーム感覚でやりたいことからジェムを使わずにやられたらおしまいという感じで楽しんでます。

終了したレッスンを復習することでHP回復もできるのでレッスンを続けたい場合はHPを回復するためにのレッスンをしています。HP回復のレッスンはクリアしたレッスンからランダムに出題されます。

レッスンすることでHPが回復できる仕組みは素晴らしいと感じています。

リーグ戦はレッスンしてXPを貯めていくと各リーグ内でのランキングが上がり上位数名が次のリーグに進めます。1週間で稼いだXPによってランキングが計算されます。 世界標準時が基準になっているため日本では月曜日の9時に次の1週間が始まります。

最上位のリーグのダイヤモンドリーグでは27位以下になるとリーグ降格になってしまいます。現在はダイヤモンドリーグと黒曜石を行き来していますがマイペースで継続日数が途切れないようにやっています。

まとめ:はじめの一歩はゲーム感覚でよいと思います。

無料で英語学習ができることは魅力的です。英語にかなり苦手意識があってもゲーム感覚で英単語の並び替えやリスニングしてライティングする問題を繰り返すことで、英文法のイメージができるようになったことから身についているように感じています。

Duolingoは英文法の学習などライティングに特化しているように感じるためリスニングとスピーキングについて学ぶには物足りなく感じますが、表現したいことを英文法でイメージできるようになったことは大きな成果だと感じています。

英語を身に着けようと英会話にチャレンジすることは素晴らしいことだと思いますが、まずは苦手意識をなくすために「ゲーム感覚でもいいのでやってみる!」これが最重要だと思います。

ゲーム感覚から始めたとしても継続するにつれて「もっと上達したい」というレベルに達せたのなら価値のあることだからです。そのように思えるようになれば自然と英会話スクールをやってみようかという意識になることでしょう。

DMM英会話-無料体験はこちら

関連リンク

Duolingoの他に基礎固めとしてCakeアプリでスピーキング練習や英会話の学習しています。無料で遊べて学習できるアプリであるCakeについては下記記事を参考ください。

英語学習アプリCakeで英語を繰り返し発音しつづけた効果と評価

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました