Duolingoアプリを継続学習して繰り返して感じた効果と評価

ノウハウ(体験談)
本記事はプロモーションが含まれています。

Duolingoアプリを2019年12月から始めました。学生の頃から英語に苦手意識がありTOEICも300点程度で英語を避けてきた私でも継続して英語学習ができるようになりました。Duolingoアプリで学習して体験談をまとめています。

体験談の古い部分はアプリのアップデートによって表現等が変更されていることもありますが当時のままの表記にしています。

Duolingoを継続した体験談

英語学習に長けた方からすると物足りないとレビューされていることもありますが、私のように英語にかなり苦手意識があり避けてきた人からすると英語学習の掴みとしては十分に有効なアプリです。

遊び感覚でも英語を始めるきっかけとなり苦手意識を克服できたことが一番の成果だと感じているからです。私が継続するために実践していることは5つです。

  1. ゲーム感覚を忘れないようにする
  2. 継続記録が途絶えないようにする
  3. HP回復にジェムを使わない
  4. 最低10分以上レッスンをする
  5. 同じレッスンを可能な限り繰り返さない

始めた当初はすぐに飽きてしまうだろうと考えていましたがボギャブラリが増えていくと理解が進んで継続することも苦ではなくなりました。学習の継続記録が途絶えないように繰り返していくと継続記録が積み重なるにつれて達成感を感じることができます。

広告

4年間続けた結果:世界チャンピオン継続中

4年間続けた結果

Duolingoアプリによる学習を始めてから4年が経過しました。英語学習者の上位0.1%にランクインしました。

一年前よりも獲得したXPは9万ほど増えました。学習した単語は5600個以上になりました。

アプリのアップデートによってレッスンをこなす時間やダイアモンドトーナメントで入賞を目指すことを目標にしたためXPが多くなりました。

コンテンツが充実していますが同時にジェムを大量に消費する罠もあるので計画的にチャレンジしようと思います。

レッスンで正解して「よくできました」とか「正解」とかねぎらいが出るのはよいですが、英文の意味が欲しいと思う頻度が増えてきました。学習の効果は劇的に上がったとは感じていませんが、XPを稼ぐことが目的になり内容がおろそかになりつつあるので初心に戻って文法やボギャブラリを増やすことを目標にして継続できたらと思っています。

ダイヤモンドトーナメントで入賞

ダイヤモンドトーナメントで入賞

ダイヤモンドトーナメントはイベントなのか分かりませんが、ダイヤモンドリーグを維持していると進むことができます。

ダイヤモンドトーナメントで入賞するには決勝を含めて3週連続で10位以内をキープする必要があるため必然的に学習時間が増えました。

アンロック、準決勝、決勝と毎週10000XP程度稼がないとダイヤモンドリーグに降格することから必死にXPを貯めました。アップデートで追加されたレッスンをクリアしながら発音練習でXPを稼ぎました。

毎日ノルマとして1000XP以上を稼ぐためにXPが2倍の期間にユニットをクリアとハートの回復を繰り返しながら進めたことで学習の効果はいつもより高くなっていたと感じました。

1300日連続で続けた結果

1300日連続で続けた結果

連続記録が1300日になりました。次のマイルストーンは1400日です。

1300日を経過するとSUPERの3日経験が体験できるボーナスがありました。獲得した累計XPは47万を超えました。

アップデートでセクションの構成が変更となりレッスン項目が追加されている分をコツコツこなしています。

レッスン中に英作文の問題が出てくると面倒くさい感じることがありますが、英文をイメージして正解すると達成感を感じることができます。一方で、日本語の並び替えの問題にイライラすることもありますが、レッスン項目が充実しているため飽きずに続けることができています。

現状では中学生レベルは突破したくらいの力がついているように感じています。中学校で使用されている受験生用のリスニング教材の内容が理解できるようになっています。

3年間続けた結果:世界チャンピオン継続中

3年間続けた結果

Duolingoアプリによる学習を始めてから3年が経過しました。

今年も世界チャンピオンの称号を獲得することができました。獲得したXPは19万を超え学習した単語は5300個以上になりました。

連続記録も継続中でアプリのアップデートで実装された連続記録クラブの報酬も獲得することができました。

現在レジェンドレベルにチャレンジしていますが苦手意識のあった英作文のイメージできるようになっていることが継続のモチベーションになっています。

基本無料でジェムを獲得しながら継続してレッスンに取り組むことを繰り返しただけで英語に対する苦手意識が薄れていき英作文のイメージが湧くようになることで継続のモチベーションが高まっていることが一番の成果だと感じています。

個人的にはDataBase3000(基本英単語・熟語)の中学~高校2年レベルくらいは楽に理解できるレベルに達していると感じています。

1000日連続で続けた結果

1000日連続で続けた結果

連続記録が1000になりました。ユニット6にはたどり着いていませんが、ユニット5はそろそろ全項目のレベルが4になります。

レベルが3を超えてくるとレッスンでライティングが出るようになりましたが部分の穴埋めの英文をライティングするのが難しいと感じています。

1000日連続で続けてきたことで確実にボギャブラリが増えています。アップデートで内容が充実しているためモチベーションは保てそうです。

英語力は確実に上がっているとは思いますが、劇的に上がっているとは感じていません。脱初心者を目指すためには基礎に立ち戻り文法を鍛え直す必要があると感じました。

レベル5をクリアすると学習のポイントが選択できますが、文法に関する説明が不足していると感じているため文法書で勉強してみようかと考えています。

900日連続で続けた結果

900日連続続けた結果

連続記録が900日になりました。2022年5月末にアップデータが行われレッスン内容が更新されました。

ユニット6の内容が更新されておりロックされています。ロックの解除はユニット5のチェックポイントを超える必要があります。

Duolingoは6月で10周年になるそうですが、10年も続くということはコンテンツとして充実しているからだと感じています。

最近のアップデートで感じていることは日本語訳の問題に回答の幅がないと感じています。主語が抜けていたり日本語を並び替えて意味が分かるのに間違い判定になったりするケースが多くあります。

ユニット5のレッスンでは1レッスンごとに2,3問間違えてしまうため1レッスンを終えた後ハートの回復のためクリアしたレッスンを復習しています。復習を繰り返していると英作文のイメージができるようになるため定期的な復習は重要だと感じました。

800日連続で続けた結果

800日連続で続けた結果

連続記録が800日になりました。アップデートによって追加されたコンテンツのレッスンをこなしながら連続記録を更新しています。

コンテンツ充実していることは嬉しい反面レッスンのチェックポイントが上がると同時に英文が難解になっていることを感じています。

日本語の主語が抜けているため回答しにくく感じたり、英文も少し皮肉れたものも多くなっているためレッスン項目によってはイライラすることがありますが基本無料で学習できることは魅力なのは変わりません。

2年間続けた結果:世界チャンピオンらしい

2年間続けた結果

Duolingoアプリによる学習を始めてから2年が経過しました。

2021年のアップデートによって年間の学習のレビューが届くようになりました。

選択しているコースに対するレッスンを何回クリアしたかXPをどれだけ獲得したか学習時間が何分だったか学習した単語がどれだけだったかなど学習記録を振り返ることができます。

連続記録を途絶えないように継続してきましたが気づけば学習タイプが世界チャンピオンになっています。

一番の成果は毎日継続して繰り返したことによる英語アレルギーは無くなったことです。最近では英語のデータシートをGoogle翻訳を使用しなくても内容が把握できるレベルになりました。(分からない単語は翻訳に入れています)

アプリのアップデートによって内容が充実しているためゲーム感覚でこれからも続けていくことができそうです。

広告

600日連続で続けた結果

600日継続

Duolingoアプリを始めて連続記録が600日以上になりました。毎日100XP以上を稼ぐことを目標として続けてきました。

最近はレジェンドレベルを中心にレッスンを行っています。

レジェンドレベルのライティング問題に苦労することなく回答できているため確実に英語力がアップしていると感じています。単語を並び替えて英作文するよりもライティングしたほうが記憶に残りやすいと感じました。

1年間続けた結果

1年間続けた結果

Duolingoアプリによる学習を始めてから1年が経過しました。メインキャラクターのDuo(フクロウのコーチ)がバルーンをもって祝福してくれました。

現在は復習しながらXPを貯めています。復習すると忘れかけていた単語や英文法の復習ができて学習の効果を再確認することができ復習の大切さを痛感しています。

ダイヤモンドリーグから降格しないように毎日100XP以上を稼ぎながらレベル5のレッスンまでのすべての項目の学習が終了しました。

英単語の並び替えよりもライティングを可能な限り練習するようにしていますが、aやtheを付け忘れたりして間違うケースが多くあります。リスニングで聞き取った英文法をライティングする練習が難しく感じています。

2か月前に追加されたイベントによるリスニングレッスンの難易度はそこまで高くなくリスニング力の向上には効果があるかは疑問ですが、ショートストーリが楽しめる点で悪くないと感じています。

1年間継続してきましたが、英単語のボギャブラリーが増えたことや簡単な英文法が思い浮かぶようになったことは大きな効果だと感じています。

リスニング能力を高めるためには物足りない気がしますが、英語に苦手意識があり逃げ続けていた自分がアプリを楽しみながら基礎単語と簡単な英文法を継続して勉強できていることが一番の成果だと感じています。

広告

10か月間続けた結果

最終カテゴリに到達しダイヤモンドリーグを維持しながら継続しています。学習レベルも各項目でレベル4に到達しています。

あと1か月もしないうちにすべてのレベルが5に到達できそうです。

ダイヤモンドリーグから降格しないように毎日100XPを獲得することを目標としながら学習しています。今までクリアしてきた項目について復習せず前回の学習から間隔があくと皿が割れたような表示になるので発見したとき復習しています。

忘れそうなときに復習できるのは学習効率を考えた時良い点だと感じています。実際に間違えて答えを見た時「あ、そうだった!」感じることができ思い出せた時にスッキリした感覚になります。

8か月経過時の課題でもあったaとかtheを付け忘れたリスクことは良くあります。またtheとthatが聞き取れておらず間違うこともまだあるため感覚的につかめていない部分もあります。

連続記録が300になったときDuolingoストーリのモードがアンロックされました。偶々アンロックが300日目で来たのでアンロックの条件かと思いましたが、イベント学習機能が追加されたということのようです。普通の学習モードと並行して毎日1項目やってみようと思います。

8か月間続けた結果

8か月間続けた結果

チェックポイント4の学習はすべて終了し、最終カテゴリの学習しています。

最終カテゴリの学習レベルがすべて5になると全項目の達成となります。

最高位リーグのダイヤモンドリーグを維持しながら降格しないように毎日100XP以上を稼ぎながら学習しています。最近スピーキングの練習を復活(いつの間にか設定でOFFにしていた)させているためスピーク練習もやっています。

スピーク練習のマイクが改善されたようです。録音時間が長くなり音声が認識できていない場合マイクを押さずスピーカーのボタンを押してリスニング画面に切り替えると録音のやり直しができるようになっています。

リスニングして英作文したり日本語を英訳したりとライティングを繰り返していることによってボギャブラリーが増えていることを実感しています。日本語を見た時英訳のイメージが出てくるようになりました。

間違えるケースとして多いのがaとtheを付け忘れたりすることです。このあたりが感覚的にわかるようになればもう少し上達しそうです。

アップデートによりリスニング問題の読み手が変わり聞き取りにくくなることがあります。

今まで聞き取れていたのが聞き取りにくくなるように感じることもあります。いろいろな人の英語が聞けると思えばいい練習になるとも言えますが、あまりに相性が悪いと学習意欲が落ちてしまいそうです・・。

広告

6か月間続けた結果

6か月間続けた結果

継続して続けながら6か月が過ぎました。チェックポイント2の学習はすべて終了し、チェックポイント3を学習しています。

しばらくパールリーグで止まっていましたが、頑張ってみようと毎日200XP稼ぎ続けて黒曜石リーグに進むことができました。そのままの勢いで続けたところ最高位のイヤモンドリーグに進むことができました。

チェックポイント3の学習をしていると間違うことが多くなり1レッスンでHPを2~3減らしてしまうこともあり復習してHPを回復してレッスンに戻ることが多くなりました。

学習の効果は継続していることによりボギャブラリーが増えているため感じています。単語の過去形について繰り返してレッスンしたことでリスニングの際に意味が分からなくなることが少しずつ少なくなっていることを感じています。

例えばwriteの過去形はwroteですがwroteが聞き取れないもしくwriteの過去形であることが分かるようになったためリスニングの際に意味が分からなくなることが少なくなっています。

残念な点としては過去完了形の日本語訳が「クドイ!」のです。日本語の並び替えで意味が伝わるのに間違いとされるケースが多くイライラすることもあります。

広告

4か月間続けた結果

チェックポイント3に到達して間もない状態です。チェックポイント2の練習もすべての項目終わっているわけではないので継続してやっています。

スピーキングの機能はプロフィールから歯車をクリックして表示される項目でアクセシビリティにスピーク問題をONにしていないと出題しないようです。(自分でOFFしてしまっていたのかもしれませんが覚えていません・・)

形容詞、副詞、限定詞などで間違えるケースが多くスムーズに進まなくなってきました。それでも繰り返しているとボギャブラリーが増えてきているのを感じています。

最近ではXPポイントを稼いでいるものの昇格ゾーンに達することができずパールリーグで止まってしまっています。継続記録が途切れないようにしながら降格しないようにやっていこうと思います。

2か月間続けた結果

最初の方がかなり簡単で効果があるのか疑問でした。チェックポイント2になってからは間違うことも多くなってしまいスムーズに進まなくなってきました。それでも繰り返してやっているとボギャブラリーが増えてきているのを感じています。

マイクで録音する練習もあったのですが、なんとなく感度が悪く3回リトライして認識されなければHPが減ってしまうのは残念です。

スポンサーリンク

まとめ:楽しんで継続できれば勝ちです

私が継続できたのは遊び感覚で学習しながらも継続記録が途絶えないように学習することを意識したことだと感じています。現在ではボギャブラリも増えたとことによって簡単な文章であればGoogle翻訳などのツールを使わなくても理解できるようになっています。

エンジニアとして働いているため英語でデータシートを確認することがあります。いつものようにページをコピーしてGoogle翻訳などに貼り付けようと英文を範囲指定をしている時、

あれ、この英文意味が分かるぞ!!

このような瞬間が必ずあります。この瞬間さえ体験できれば勝ちだと確信しています。Duolingoの他に基礎固めとしてCakeアプリでスピーキング練習や英会話の学習しています。無料で遊べて学習できるアプリであるCakeについては下記記事を参考ください。

英語学習アプリCakeで英語を繰り返し発音しつづけた効果と評価

PR:恥ずかしさゼロの英会話練習【トーキングマラソン】先生とのレッスンは緊張する、発音が下手だから恥ずかしいという方、今すぐ無料体験!

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました