TWELITE(トワイライト)

ZigBee通信モジュールであるTWELITE(トワイライト)で動作確認した記事をまとめています。

組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)の中継機能の効果

トワイライト(TWELITE)はZigBee通信であり通信の中継機能を持っています。中継機能によって通常では無線通信が届かない範囲の通信ができます。MWSTAGEのライブラリであるNWK_SIMPLEを使って中継機能の効果を確認しました。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)で通信先を選択する

トワイライト(TWELITE)でMWSTAGEのライブラリであるNWK_SIMPLEを使用すると通信先を選択した無線通信ができます。親機と論理IDが異なる2つの子機を使ってブロードキャスト通信と個別の送信を行い動作確認を行いました。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)の無線を使って遠隔で音声再生する。

音声合成ICであるATP3011(アクエスト)はSPI通信で送信した文字列を音声データに変換して出力することができます。ZigBee無線通信モジュールのトワイライト(TWELITE)で文字列を無線通信しSPIを使って音声再生しました。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)のパルスカウンタの使い方

TWELITEのスリープを使うことで低消費電流での動作ができます。スリープからのウェイクアップ方法はDIの変化を検出する方法やパルスカウンタによる方法があります。DIの変化を検出しながらパルスカウンタの値を確認する方法をまとめました。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)の自作アプリとソーラーモジュールで無線通信

TWELITEの開発環境であるMWSTAGEでBME280から取得したデータを間欠動作しながら無線通信する自作のアクトを作りソーラーモジュールと組み合わせることで太陽光によるエナジーハーベスト電源によって無線通信を行いました。
組み込みエンジニア

TWELITE(トワイライト)のインタラクティブモードを実装する

TWELITEのインタラクティブモードはZigBee通信の特徴である複数グループで通信する場合に各モジュールに必要な周波数チャンネル、アプリケーションID、再送回数などの重要なパラメータを簡単に設定できるのが特徴です。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)でBME280のデータを取得する

トワイライトのWire(I2C通信)を使用することでBME280から温湿度・気圧のデータを取得することができます。MWSTAGEではセンサーデバイスライブラリであるBMx280クラスの関数をコールするだけでBME280のデータを取得できます。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)でSHT35のデータを取得する

トワイライトはWire(I2C通信)を使用することでSHT35から温湿度データを取得することができます。MWSTAGEではセンサーデバイスライブラリであるSHT3xクラスの関数をコールするだけでSHT35のデータを取得できます。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)のEEPROMを使い方

ZigBeeモジュールであるトワイライト(TWELITE)はEEPROMを搭載しているため電源が切れてもデータを保持できます。クラスオブジェクトであるEEPROMを使用することで簡単にEEPEOMの書き込みと読み込みができます。
組み込みエンジニア

Arduinoとトワイライトを使って距離データをモニターする

Arduinoとトワイライトを使って超音波距離センサーUS-015から取得した距離のデータを表示するシステムを作ることができます。ArduinoとUS-015で一定間隔で距離データを計算しトワイライトで無線通信を使用してモニターします。
タイトルとURLをコピーしました