2020-07

組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)のソフト開発と無線通信でできること

ZigBeeモジュールであるトワイライト(TWELITE)はシリアル通信・タイマ(PWM)・I2C・SPI・AD変換など各種機能を備えておりセンサーと組み合わせながら無線通信ができるためIoTモジュールとして様々な用途に応用できます。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)のSPI通信を実装し無線通信する

ZigBeeモジュールであるトワイライト(TWELITE)はセンサーの情報を取得するためにSPI通信機能があります。温度・湿度・気圧の情報が取得できるBME280センサーからSPIを使用してデータを取得し無線通信してデータを確認しました。
社会の考察

多数派の意見が危険に変わる可能性と少数派の意見の重要性

過去記事で少数派の意見を聞きすぎると多数派の意見が通りにくくなるデメリットがあるという趣旨について考えていましたが、最近の社会情勢を見ると少数派の意見が理路整然な場合もあり多数派の意見が同調圧力によるものであり危険性を感じることがあります。
組み込みエンジニア

【オペアンプ】ピークホールドはピーク検出とサンプルホールドの応用

ピークホールド回路はピーク検出回路とサンプルホールド回路を組み合わせることで構成できます。正弦波のピークを保持しながら出力できるためAC電圧からDC電圧への変換などに使用されまが、サンプルや放電するタイミングを生成する仕組みが必要です。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)のI2C通信を実装し無線通信する

ZigBeeモジュールであるトワイライト(TWELITE)はセンサーの情報を取得するためにI2C通信機能があります。温度・湿度・気圧の情報が取得できるBME280センサーからI2Cを使用してデータを取得し無線通信してデータを確認しました。
組み込みエンジニア

【オペアンプ】コンパレータと積分回路による方形波/三角波発振回路

方形波/三角波発振回路はオペアンプの基本回路である積分回路とコンパレータによって構成されます。ファンクションジェネレータとも呼ばれており各種様々な波形を生成する基礎にもなっています。これらの回路の用途や特徴について解説しています。
タイトルとURLをコピーしました