2021-08

社会の考察

オリンピック開催でも勢いに乗れなかった現政権と日本

2021年7月末から9月上旬までオリンピックとパラリンピックが開催されアスリートたちが必死に競技に打ち込む姿で日本の雰囲気が良くなることを期待しておりましたがコロナをめぐって政治力が発揮できない現政権に対する風当たりが強くなっています。
組み込みエンジニア

Chart.jsを使ってデータをブラウザー上でグラフ表示する

Chart.jsを使用するとブラウザー上にグラフを表示することができます。グラフ表示するメソッドがjavaScriptでライブラリ化されているためHTMLでscriptでライブラリを読み込みメソッドに沿ってグラフデータを設定し使用します。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32Eでシリアル通信を実装する

Arudinoの標準ライブラリであるSerialを使用すると外部機器とシリアル通信ができます。ESP32-WROOM-32Eは複数のシリアル通信ポートを持っているためシリアルモニタと外部機器と接続するシリアル通信を区別することができます。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EでWebServerを実装する

WebServerライブラリでWebサーバーを実装するとクライアント(スマホなど)のリクエストに対応したレスポンスを返信する事ができます。Webサーバーを使って温湿度センサー(SHT35-DIS)のデータを表示して動作確認しました。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EでWiFiのアクセスポイントを実装

ESP32の特徴であるWiFi通信をWiFiライブラリを使用しアクセスポイントを実装します。スマホなどのブラウザからESP32に接続して温湿度センサー(SHT35-DIS)から取得したデータを表示する方法をまとめています。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EのWireでSTH35の情報を取得

Arduino環境ではWireライブラリを使うと簡単にI2C通信が実現できます。SHT35-DISは温湿度センサーで 測定レンジが-40℃から+125℃と広いのが特徴です。Wireでセンサー情報を取得しする方法をまとめました。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EのSPIでBME280の情報を取得

Arduino環境ではSPIライブラリを使うと簡単にSPI通信が実現できます。BME280は温湿度・気圧センサーでありI2C/SPIの双方の通信に対応しておりSPIで情報の取得ができます。SPIでセンサー情報を取得する方法をまとめました。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EのタイマでDIフィルタを実装する

Arduino環境でDIの信号レベルを判定しているとスイッチの切り替えなどで発生するチャタリングのため誤動作の原因になることがあります。タイマライブラリを使用してDIのチャタリングの防止を行う方法をまとめました。
組み込みエンジニア

TWELITE(トワイライト)の自作アプリとソーラーモジュールで無線通信

TWELITEの開発環境であるMWSTAGEでBME280から取得したデータを間欠動作しながら無線通信する自作のアクトを作りソーラーモジュールと組み合わせることで太陽光によるエナジーハーベスト電源によって無線通信を行いました。
タイトルとURLをコピーしました