PIC12F675

組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC12F675)を使ってWDTの意味を考える

マイコンのソフト開発を行うときにWDT(ウォッチドックタイマ)について理解する必要があります。WDTはマイコンの正常動作を監視するもので、バグなどでマイコンが動作不良を起こしたときWDTのカウントがクリアできなくなり通知されるものです。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC12F675)のI/Oポートの電圧範囲とシンク電流/出力電流の考え方

マイコンには入力ピンと出力ピンがあり、周辺回路と組み合わせる際は入力電圧/出力電圧、シンク電流/出力電流について押さえておく必要があります。PIC12F675を使ってマイコンの電圧範囲やシンク電流/出力電流の考え方を説明しています。
タイトルとURLをコピーしました