PIC12F675

組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC12F675)のAD変換とタイマーの組み合わせ

マイコンのソフト開発においてAD変換開始のタイミングをマイコンのタイマーをトリガーにすることが多くあります。PIC12F675のタイマー機能とAD変換を組み合わせて一定の時間間隔でAD変換を行う方法について説明しています。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC12F675)のAD変換の使い方

マイコンのソフトを開発しているとAD変換をよく使います。アナログ入力を受けて信号が何ボルト相当のデータであるかを判断して処理を分岐したりするなど応用範囲は様々です。AD変換の使い方についてPIC12F675を使って説明しています。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC12F675)のINT機能の使い方

マイコンのソフトを開発していると外部からパルスを入力してタイミングの同期をとったり処理をしたりすることがあります。DIピンの機能の一つであるINT機能を使うことで割り込みを発生させ同期をとるような処理を作ることができます。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC12F675)のタイマーの管理の仕方の一例

マイコンのソフトを開発しているとタイマーを多く使います。例えばDOから任意の期間信号を出力したり、DIに一定期間入力されている信号の判定したいときタイマーを使います。PIC12F675を使ったタイマーの管理の一例をまとめました。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC12F675)タイマのカウント値を計算する

マイコンのソフトを開発するときタイマーを使うことが良くあります。PIC12F675の16ビットタイマであるTMR1を使いますが、タイマ値は1バイトずつの異なるレジスタで管理しているためカウント値を確認する場合は計算が必要です。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC12F675)の割り込みの設定と使い方

マイコンのソフトを開発していると割り込みをよく使用します。PIC12F675の割り込みは共通であり割り込み要因を判別して処理する必要があります。割り込みを使用するために必要なレジスタ設定などについて説明しています。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC12F675)のタイマー1の設定と使い方

マイコンのソフト開発を行っているとタイマ機能をよく使用します。タイマーのカウントに初期値をセットすることで任意の時間でタイムアップするタイマを作ることができます。タイマーの設定についての考え方について説明しています。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC12F675)の割り込みの考え方と注意事項

マイコンのソフトを開発するとき割り込み処理をよく使います。割り込み処理について理解することはAD変換やPWM制御を行う上で重要です。割り込みは優先的に処理を実行できるため便利ですが使いすぎるとメイン関数に戻れなくなるなどの問題もあります。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC12F675)のI/Oポート設定と使い方

マイコンのソフト開発を行うと必ずと言っていいほどI/Oポートの制御を行います。I/Oポートを操作して外部機器にONしたりLEDを点灯させて通知したり警報を鳴らしたりと用途は様々です。マイコンの基礎であるI/Oポートの操作について説明します。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC12F675)のHigh(Low)アクティブの考え方

マイコンを使用する場合ハード/ソフト設計時にI/Oポートの使い分と、周辺機器の信号がHighの時動作をするのかLowの時動作をするのかを検討する必要があります。ハード/ソフトの意識が統一できていないと不良動作の原因となることもあります。
タイトルとURLをコピーしました