組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)のソースをプロテクトする

PICマイコンに書き込まれたソースコードは読み込むことができるため開発者以外の第3者でも読み込むことができます。PICマイコンのプロテクト機能を使うとプロジェクトファイルを持たない第3者からのソースコード抜き取りが防止できます。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)のリセット要因と使用例

PICマイコンなどソフト開発していると何らかの要因でマイコンがリセットし調査が必要になることがあります。リセット要因の特定の一例としてPIC16F1827のブラウンアウト・ソフトウェア及びWDTエラーによるリセットの動作確認を行いました。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)のEEPROMの使い方

PIC16F1827はEEPROMを搭載しており電源をOFFしてもデータ保持ができます。MCCでMEMORYを追加してEEPROMにデータの読み書きを行います。実装例としてEEPROMに書き込んだデータを読み込んでLCDに表示しました。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EでPWM波形を出力する

ESP32シリーズにおいてPWMは通常のArduinoライブラリでなく専用のライブラリを使用する必要があります。PWMで振動波形を生成しブザーを鳴らす方法やPWMのデューティー比を変更して直流モーターを駆動する方法をまとめています。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32Eのホールセンサーとタッチセンサーの使い方

ESP32-WROOM-32Eは磁気に反応するホールセンサーと指で触れた時に反応するタッチセンサーが搭載されています。ESP32のライブラリに組み込まれているためAPIによる関数を呼び出すとセンサー値を取得することができます。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32Eにサーバーを実装してレスポンスする

ESP32-WROOM-32Eをサーバーで起動しアクセスポイントに接続させることでリクエストに応じたレスポンスを返信することができます。WiFiをサーバーで動作させる方法とWebServerを使ってレスポンスを行う方法をまとめています。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32Eで温湿度データをグラフで表示する

Webサーバーを実装しクライアントからのレスポンスデータにchart.jsライブラリを組み込むことでデータをグラフ表示することができます。温湿度センサであるSHT35-DISを使って取得したデータをグラフ表示する方法をまとめています。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32Eで学べるソフト開発と標準ライブラリの使い方

ESP32-WROOM-32EはArduino環境でソフト開発ができるため標準のライブラリで各種センサーの動作確認ができます。ソフト開発に対して苦手意識があり敷居が高く感じていた方でも簡単に動作確認ができるためお勧めのモジュールです。
組み込みエンジニア

Chart.jsを使ってデータをブラウザー上でグラフ表示する

Chart.jsを使用するとブラウザー上にグラフを表示することができます。グラフ表示する関数がjavaScriptでライブラリ化されているためHTMLでscriptでライブラリを読み込み関数に沿ってグラフデータを設定し使用します。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32Eでシリアル通信を実装する

Arudinoの標準ライブラリであるSerialを使用すると外部機器とシリアル通信ができます。ESP32-WROOM-32Eは複数のシリアル通信ポートを持っているためシリアルモニタと外部機器と接続するシリアル通信を区別することができます。
タイトルとURLをコピーしました