PIC12F675

PIC12F675を使ってマイコンのレジスタの設定の考え方や動作確認したことについてまとめています。

組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC12F675)を使ってブザーを鳴らす方法

マイコンでPWMを生成することができるようになるとブザーを鳴らすことができます。またPWMのキャリア周波数を変更することでブザーの音程を変えることができます。キャリア周波数はタイマのオーバーフローするまで時間を操作することで実現できます。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC12F675)のリセットとプロテクト

マイコンのソフトを開発しているとマイコンをリセットやプログラムを保護するかを検討することがあります。PIC12F675のプログラムの保護やリセットに関する設定があり、何らかの要因でソフトウェアがリセットした場合に切り分けることができます。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC12F675)を使ったPWMの考え方

マイコンのソフト開発しているとPWM制御を使って電圧値を制御することがあります。PWMはPIC12F675ではタイマ機能とDOを使って生成することができます。PWMを使うと電流消費を押さえながらモーターを回転させることもできます。
組み込みエンジニア

MPLAB X IDEによるPICマイコンの開発環境作りの手順

組み込みエンジニアとしてソフト開発を行うに使いやすいマイコンとしてPICマイコンがあります。初心者でも気軽に使えてソフト開発の基礎を学ぶには最適なマイコンとしてPIC12F675があります。PICマイコンの開発環境の作り方をまとめました。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC12F675)のEEPROMの使い方の応用

PIC12F675のEEPROMは読み書きに数msの時間が必要です。ウェイトで待つ方法もありますが、プログラムの規模が大きくなるほどウェイトを持たせると不都合が発生します。ウェイトせずにモード遷移の方法で管理する方法を説明しています。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC12F675)のEEPROMの使い方

マイコンのソフト開発をしていると設定した値を保存し次回以降の電源投入で設定値を参照して動作させたいことがあります。PIC12F675はEEPROMを持っておりデータを書き込むことで電源が切れてもデータを保持することができます。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC12F675)のDIのチャタリング防止の考え方

マイコンのソフト開発しているとDIに信号を入力しては処理を判定させることがよくあります。DI信号がスイッチなどであった場合チャタリングによってDI信号が安定しないことがあります。対策としてフィルタを作る方法をまとめました。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC12F675)で実現できる機能と解説リンクまとめ

マイコンのWDT・タイマー・AD変換などの考え方はマイコンの種類を問わず共通です。PIC12F675は小さくて頼りなさそうですが、レジスタの設定方法や各種機能について基礎を学ぶことができます。応用すると製品化にも使えるなど用途は様々です。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC12F675)のコンパレータとヒステリシス特性

マイコンのソフト開発をしているとコンパレータを使うことがあります。コンパレータは動作点付近で出力が頻繁に切り替わることがあり、ヒステリシス特性を持たせることがあります。PIC12F675を使ってヒステリシス特性の効果を説明しています。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC12F675)のコンパレータの使い方

マイコンのソフト開発しているとコンパレータを使うことがあります。コンパレータは基準の電圧に対して入力を比較して0か1かで動きを判断するときに使います。コンパレータの使い方についてPIC12F675を使って説明しています。
タイトルとURLをコピーしました