VB.NET

VB.NET(VB2022)のTrackBarの実装とイベントの追加方法

VB.NET(Visual Basic 2022)のデスクトップアプリでトラックバー(TrackBar)の実装とイベントの追加方法をまとめました。TrackBarのスライダーを操作したときに外部機器に電文を送信するアプリを作成して動作確認を行いました。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EのデータをWebソケットでクライアントに送信する

Webソケットを実装するとESP32-WROOM-32Eが取得したデータをクライアントのHTMLで使用することができます。ESP32-WROOM-32Eを起点としてクライアントにデータを送信して履歴を更新する方法をまとめました。
趣味と生活

Fitbit Inspire 3で睡眠と運動のデータを分析して感じたこと

Fitbit Inspire 3は睡眠のデータやエクササイズ(ランニング、サイクリング、水泳など)のデータを取得できる多機能の腕時計(トラッカー)です。Fitbitアプリと連動すると睡眠や運動のアクティブティを確認することができます。
その他

2024年の運営方針と4年継続して感じたこと

2024年の目標は「挑戦」を掲げてスタートしたいと思います。当ブログのテーマである込みエンジニアの経験を活かしたセンサーの動作確認を中心に記事をまとめていきます。また、ブログを始めて4年経過して感じたことをまとめました。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EにWebソケットを実装する

Webソケットを実装するとESP32-WROOM-32Eが取得したデータをクライアントのHTMLで使用することができます。温湿度データからJSON形式のデータを生成してWebソケットでHTMLに送信して履歴をグラフ表示する方法をまとめました。
組み込みエンジニア

TWELITE SPOTで子機のデータをブラウザーで表示する

TWELITE SPOTはTWELITEとESP32-WROOM-32Eを組み合わせた無線LANモジュールです。子機を出荷時のアプリと同様の設定に合わせることでWiFiを使ってブラウザーに子機から取得したデータを表示させることができます。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EとTWELITEの特徴を活かした無線通信

ESP32-WROOM-32EとTWELITEでWiFi通信とZigBee通信の特徴を活かした通信システムを作ることができます。ZigBee通信で子機と親機の通信を行い、WiFi通信で温湿度センサーの情報を表示する方法をまとめました。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32EにSDカードのファイルをアップロードする

ESP32シリーズのFLASHにファイルをアップロードする方法として、SDカードライブラリとSPIFFSライブラリを使用する方法をまとめました。ESP32 Sketch Data Uploadプラグインの代替の方法として使用できます。
組み込みエンジニア

ArduinoでBMX055モジュールのデータを取得する

BMX055はBOSCH社製の9軸(加速度3軸、ジャイロ3軸、磁気3軸)を搭載したセンサーモジュールです。BMX055はI2Cに対応しているため、ArduinoのWireライブラリを使用することでセンサーの情報を取得することができます。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)でCMP割り込みを追加する

PIC16F1827はコンパレータ機能を持っており基準電圧に対して入力電圧が高いか低いかを判断した結果を出力することができます。MPLAB X IDEのプラグインであるMCCでCMP割り込みを実装して動作確認を行いました。