組み込みエンジニア

Seeeduino XIAOとGPSモジュールで時刻を表示する

GPSモジュールは現在地の情報や時刻情報などを衛星からの電波を受信してユーザーに通知するモジュールです。Seeeduino XIAOを使ってGPSモジュールから時刻と位置情報を取得してLCDに表示して動作確認したことをまとめています。
組み込みエンジニア

ArduinoのライブラリでGPSモジュールで時刻を取得する

GPSモジュールは現在地の情報や時刻情報などを衛星からの電波を受信してユーザーに通知するモジュールです。Arduino環境ではGPSモジュールのためのライブラリをインストールすることで時刻データや位置情報を簡単に取得できます。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)の中継機能の効果

トワイライト(TWELITE)はZigBee通信であり通信の中継機能を持っています。中継機能によって通常では無線通信が届かない範囲の通信ができます。MWSTAGEのライブラリであるNWK_SIMPLEを使って中継機能の効果を確認しました。
社会の考察

ウクライナ情勢をめぐる米ロの駆引きとオリンピックを利用する中国

2022年が始まり早くも1月が終わろうとしています。オピニオン株が感染拡大しており1月はコロナ関連のニュースが多く報道されています。根拠のないまん延防止法の要請が各都道府県から要請され適用となれば2022年も発展のないスタートとなりそうです。
組み込みエンジニア

トワイライト(TWELITE)で通信先を選択する

トワイライト(TWELITE)でMWSTAGEのライブラリであるNWK_SIMPLEを使用すると通信先を選択した無線通信ができます。親機と論理IDが異なる2つの子機を使ってブロードキャスト通信と個別の送信を行い動作確認を行いました。
組み込みエンジニア

PICマイコン(PIC16F1827)のSPI通信で音声を再生する

PIC16F1827はSPI(MSSP)通信機能を持っており音声合成ICであるATP3011(アクエスト)にコマンドを送信することで音声を再生させることができます。MCCを使ってSPI通信を実装し音声を再生させて動作確認しました。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32Eのシリアル通信で音声を再生する

音声合成ICであるATP3012(アクエスト)はシリアル通信で送信した文字列を音声データに変換して出力することができます。ESP32-WROOM-32Eをサーバーで動作させブラウザーのレスポンスによって任意の音声を出力させて動作確認しました。
その他

2年目を振り返って感じたことと今後の課題

本ブログを始めて2年が経過しました。1年目は文章の作成の仕方から興味のある分野の記事を作成してきましたが2021年からは主に技術的なことをまとめるようにしてきました。2年目で感じたことや今後やりたいことをまとめました。
社会の考察

2021年はオリンピックと優柔不断な政治の一年

2021年はオリンピックが開催され無観客だったのは残念でしたが日本のアスリートが多くのメダルを獲得して日本に活気をもたらせてくれました。岸田内閣が発足しましたが、制限付き給付金などの政治判断や判断が遅いことに不満の声も出てきています。
組み込みエンジニア

ESP32-WROOM-32Eを使用してRTCの時間を設定する

ESP32-WROOM-32EのWiFi通信でブラウザーから時刻を送信しRTCモジュールに時刻を設定することができます。NTPサーバーにアクセスする方法など時刻管理の方法は様々ですが、外部の回線に接続しない場合に有効な方法です。
タイトルとURLをコピーしました